きれいなFIN

2017-12-14

波に乗る遊び道具の一つにFIN(フィン)があります。

このフィン、大きさや形も様々。色や柄だって半端なあい。

ボードの大きさとタイプ、波の大きさとタイプに合わせてフィンをチョイスするのがセオリーだが、

こんなに多種多様でカワイイからそこに好みのタイプを検討要素に加え私はフィンを選びます。

ボード3:波3:好み4ってな割合かな。

細かいことを言うと材料の違いがフレックス(しなり)の違いになる。なんて偉そうなこと言っても私にゃわかりません。その違い。

気分よくサーフィンしたいから好きなフィンを選びます。

よく見ると魚のヒレのようでもあるが、波の形ににてますね。

私がリッチマンで世界の子供達への救済が不要となったのであれば、自分の部屋の壁をすべてFINで飾りたいくらいです。

小さいのだって数知れず。

形状、材質、重さ、数などとフィンをかえるだけで1本のサーフボードが全く異なるボードのフィーリング。

いやいや奥が深すぎる。

 

最後に、私が過去の経験から思う勝浦の波にフィットするフィンは「硬め」です。

体重が軽い、重いとありますが勝浦の波を美しく乗り切るには固めのフィンが良いと思います。

ページ上部に戻る