ERIC ARAKAWA

2018-01-26

ERIC ARAKAWAサーフィンやる人なら聞いたことある名前。

故アンディー・アイアンズが絶大な信頼を託したハワイの名匠。

日本人もハワイでの勝負をかけるような波に乗るときは、自分のスポンサーに断りを入れてエリックのボードに頼るほど。

私も大波用のボードは全てエリックのボードです。ローカルの石丸氏も大波の中ではいつも真っ赤なエリックのガンを愛用しています。

他のガンボードには乗ったことがないので違いがわかりませんが、いまだこのボードに乗ってミスをしたことがありません。

昨年のオオマグサでも私の7’11’が最も短かったのでテイクオフも際どいところで待って、際どいテイクオフを強いられましたが、ノーズが一瞬水の中に沈んでもそこから水を切り裂いて浮上してくるんですよね。

一昨年の松部の3rdリーフでも同じでした。

だから、このボードに乗っているときの私は安心しています。

そんな特別な日のボード注文が多いのがマリブポイントの特徴。

日本国内ではあまり目にすることのないサイズとデザインのボードです。

 

これがいざというときは頼りになるんです。

かと思えば、日本のアベレージサイズの波にもフィットするボードも小波でも絶好調!!

良いボードってのは癖がないか少ないかです。エリックのはまさにそれです。加速したいときに加速してくれ、行きたいところにボードを運んでくれます。

これまた試していただきたいボードの一つです。

今年も5月にエリックさん来日しダイレクトオーダー会を開催します。興味ある方はご連絡お待ちしております。

ページ上部に戻る