早春の勝浦海辺サイクリング

2018-02-21

会社のトラックを修理に出すため、荷台に自転車を積んで修理工へ。

車はそのまま置いてきてしまうので、帰りは自転車。

天気も良く気持ち良い自転車日和。

まずは鵜原海岸へ。

海岸は無人。美しい海岸線。

週末はサーファー達でにぎわうこの海岸は、駐車場・トイレ設備もキレイなのでファミリーにはうってつけ。

近くにはタンタンメンでお馴染みの「こだま」もあります。

 

続いては理想郷を越えて鵜原漁港へ。

ここも起伏にとんだリアス式海岸の中にあって、防波堤と磯が入り混じった感じです。

アジ釣りしている人が沢山いましたね。

 

勝浦海中公園を挟んでその先にある小さな港。吉尾漁港。

春から梅雨にかけて私もここにはよく行きます。大潮になると磯がむき出しになり潮だまりができます。

そこには熱帯魚やキレイなウミウシが生息しています。

磯観察に最適なのがここ。

 

そして、おなじみのメガネ岩。いつ来てもキレイでJAPANという分に気がステキです。

残念なことは、夏場にBBQやキャンプを行う人達がゴミを置き去りにしてゆきます。翌朝にはカラスによりゴミは散乱させられ近所の方が毎日掃除しています。

ゴミは持ち帰りましょう。持ち帰れないようなゴミは出さないようにしましょう。

 

勝浦名物の一つがこれ。トンネルです。

海から直ぐに山となる勝浦の地形ではトンネル掘らないと道が引けなかったんですね。いたるところにトンネルがあります。しかも近代的なトンネルでなく、クラシックな趣のトンネルばかり。

ちょっと怖い気もしますが、夏はひんやり冷たい風が吹いていて私は好きです。

 

松部を抜けるとホームポイントのマリブ(串浜海岸)。

美しいブルーグリーンが広がる南国調の海。サーフィン、SUP、海水浴とリゾートライフが楽しめる美しいビーチ。

 

ちょっと足を延ばして桜の様子を見に官軍塚へ。

九分咲きくらいですね。素晴らしい早咲きの桜がほぼ満開。桜を見に来ている方が沢山いましたね。

丘での春は始まっていました。

 

と、うろちょろしていると隣リーフに良い波が入ってきていました。

サーフィン行きたいけど、車は修理中。

天気も良いし、泳いでいこう!!という思い付きで久しぶりにパドリングで隣リーフまで。

胸肩くらいのファンウェーブがとめどなくやってきます。

その場にいた2名のローカルサーファーと鴨川から来ていたプロサーファーと波をシェア。

うっかりサーフィンに夢中になり帰りのことを忘れていました。

 

 

ページ上部に戻る